top_logo
.
pamphlet
パンフレット(PDF)

■ 当サイトについて
 

 地球の地殻変動は複雑で、その把握は困難なものです。しかし、国土地理院やNASAでは、1996年頃から電子基準点や衛星測位観測点を国内外の地殻に敷設し、表層地殻の監視を開始しました。
 
 弊社は、同時期より国土地理院やNASAが無料で公開する電子基準点データや衛星測位観測点データ、並びに(社)日本測量協会が有料で提供する位置情報を利用して、広域の表層地殻変動観測手法を開発して参りました。その一部をここに公開致します。
 
 この技術は単なる地殻変動監視のみならず、橋・トンネル・埋立地・工場等のインフラ・建造物の安全監視やBCP対策にも応用可能です。
 

※この地殻変動監視には、NASAや国土地理院の観測データおよび(社)日本測量協会の位置情報を使用していますが、分析・表示は独自の手法で行っています。


■ 業務のご紹介
 

以下の情報配信サービスを行っております。

  1. 世界の地殻変動情報

    NASA等が提供する世界の衛星測位観測点の位置データを利用した、海外の地殻変動情報
     

  2. 国内の地殻変動情報

    国土地理院の電子基準点日々の座標値を利用した日本国内の地殻変動情報
     

  3. クイックルック衛星測位情報を用いた国内の地殻変動情報

    (社)日本測量協会が有料で提供しているGPS精密解析情報サービス(クイックルック衛星測位情報)を利用した国内の地殻変動情報
     

    GPS精密解析情報提供サービス

    (『クイックルック衛星測位情報を用いた国内の地殻変動情報』は2010年10月サービス開始予定です。)
     

  4. 新たな観測基準点敷設によるインフラ監視

    観測基準点の新設によるインフラ・構造物等の位置情報
     


 
 

Copyright (C) 2009 CSP Japan, Inc.